読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichan's blog

英会話や旅行に関することなど、非技術的なネタを綴っていきます。

年末にパスポート洗濯

年末にいろいろきれいにしようと思って、バッグの中にたまたまパスポートが入っていたのに気付かずそのまま洗濯してしまいました。有効期限は2020年8月20日。すでに12月はじめにESTA申請済です。過去のスタンプににじみが出てしまいました。

で、1月4日にパスポートセンターへ行って確認したところ、ICチップと写真ページに問題がないから、パスポートセンターとしては問題ないとの回答が。来月アメリカに行くのに本当に大丈夫なのかと何度も何度も聞いてみたけれども、過去のスタンプのにじみなんて問われないとか言われて?

で、1月7日に大阪本庁のパスポートセンターにも足を運んで、切り替えたほうがいいかと聞いては見たけど、スタンプのにじみでいろいろ言われた人がいるという話をされて、心配なら新しいパスポートに切り替えることも可能と言われましたです。

しかーし、本庁のパスポートセンターで申請したら、受領も同じ場所でないとダメということで、天王寺へ行って阿倍野分室へ。私個人的には問題なさそうだけど、費用がアホみたいに高いしなぁ。。。どうしようか、と悩んでいるうちにおなかが空いて、ひとまず徒歩で文の里のマクドへ。

マクドからFacebookにパスポート問題について近況を投稿したところ、
”I'd get a new one. Don't take the chance of having a problem in another country.” とレスが入って、そのコメントが後押しに。その時の時刻は16時ちょっとすぎ。16時30分までには間に合うということで、徒歩で阿倍野分室へ。

16000円分の証紙は受領時に買えばいいや、と思って、本庁のパスポートセンターで無料で撮影してもらった証明写真と申請用紙を申請受付のところまで持っていって、そのほかの提出書類は要らないとのことで、1月15日以降に受領可能なステータスに。

たいていの国は、多少洗濯しても、ICチップと写真ページが生きていたら、入国審査の時とか空港とかで「洗濯しちまったなコイツ」とニヤリとされるだけなんだけども、アメリカとかの場合は過去のスタンプににじみがあったりしたらそこで別室送りかrejectされるかのどっちかになる可能性が高いという話が。Facebookのアメリカの友達の友達がコメントしてくれたんだけど、どうやら家族かどなたかと一緒にアメリカからコスタリカへ旅行しようとしたところ、空港前でrejectされたとのこと。

16000円は決して安くはないけれども、アメリカに入国できないとか飛行機に乗れないリスクを考えたら16000円なんて安いものです。アメリカに行きたくないのに無理やり行かなきゃいけないとかだったら別にそのまま行ってもいいかもしれませんが(笑)

まあ、新しいパスポートに切り替えるメリットとして、写真が改善された、ということですかね(苦笑)
前のパスポートはなんか清潔感なさすぎなひどい写真だったんで orz

パスポートGETしたら、ESTA申請し直しですね。円安になってるのでちょっと上がってしまうけど、しゃーないです。はい。