読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichan's blog

英会話や旅行に関することなど、非技術的なネタを綴っていきます。

起業が目標という人たちの共通点

ライフスタイル

はてなブックマークプラスが終了するというアナウンスを知って、ついでに自分のブックマークをたどってみたら、炎上記事にツッコミ入れてる記事を見つけました。

その記事中に、起業するために4か月で大学中退した人が言及されています。

その彼は今どうしているのかというと、Twitterは鍵付きにしていて、ブログは去年10月2日以降更新されていません。

ああ、やっぱりって感じです。とりあえず大学卒業したほうがよかったと思うんですよ。

意識高い系

本当に人生を甘く見すぎているのか、それとも単なる無知なのか純粋なのかよくわからないんですけど、とりあえず人生のレールは必要だと思いますよ。とりあえずみんなと同じように人生のレールに乗って、その間に本当に自分のしたいことを並行しはじめて、軌道に乗った時点でそっちに移行すべきです。私はそうしました。

なぜ人生のレールが必要なのか? それは、社会の中での自分の役割や立ち位置を知ることができるからです。

あと、人生のレールに乗ること自体、世の中を知るのに一番手っ取り早い方法なんですよ。世の中を知って、いろいろ嫌な仕事とか煩わしい人間関係に悩みながら、自分の本当のやりたいことを見つけていく、そうしないと世間知らずになってしまいます。

今、私はそこら辺の人のようなどっかの会社に勤めているわけではなく、個人事業主ですけど、会社勤めしている人との会話はできますよ。だって、いろんな仕事を転々としてきましたから。逆に転職回数が多いというツッコミも否めません。しかし、その分、いろんな業種の話が理解できるんです。人生のレールに乗って、片っ端からいろいろ経験していくことで、世間一般の感覚はどういうものかをつかむことができます。一種のバランス感覚を身に着けることができます。少なくとも浮いた感じにはならないでしょう。その世間のなかで自分はどの位置にいて、どこにいるべきなのか、客観的に物事を考えられるようになるでしょう。

ちょっと話は逸れますが、「職業は?」という問いに「会社員です」ってたいていの人は言いますよね。仕事の内容は言えないんですかね? なんかそれと似ている気がします。

所詮、日本人って地位とか所属にフォーカスしすぎて、肝心の中身は軽視される傾向にあるんじゃないかと思うんです。「会社員」って職業なんですか? 「アナウンサー」とか「作家」とか「エンジニア」とか「土木技師」とか「医者」とかそういうのが「職業」ですよ。

で、「社長」になりたいからとりあえず嫌な毎日から逃げて、で、ボクわかんないしお金がないからカンパしてとか、どれだけおめでたいんでしょうと。世の中知らなさすぎです。その世の中を知るために大学があるんでしょ?

そういう「意識高い系」の人は十中八九、失敗します。だって、具体的に何をするかはまだ何も考えてないからです。「ステータス」にしか興味ないですからね。口だけで何も行動しない人、で、自分は何もできないから「くれくれ君」。そういう人には誰もついてきませんよ。