読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichan's blog

英会話や旅行に関することなど、非技術的なネタを綴っていきます。

Microsoft MVPから離れて3年経つけど

知ってる人は知ってると思いますが、私は2005年4月から2013年3月まで、Microsoft MVPとして活動していました。もうあれから3年が経ちます。

Facebookで再受賞しましたーという報告が次々となされるたびに胸が痛みます。もう3年も経過しているのに、です。

で、Microsoft MVPから離れたあとはどうなのか、ということなんですけど、振り返ってみると、そのあとの活動の方が活性化してるんですよね。今の方が充実した生活を送っています。

残念な結果を受け取った後は確かにつらいですけど、失ったものが大きければ大きいほど、そのあとに得られるものは大きいんです。

何か失うと、必ず他の何かを得られるんですよ。

まず、謙虚な姿勢を手に入れたこと。

そして、何のしがらみもなくなったことにより、自由に活動できるようになったこと。

謙虚な姿勢を手に入れると、物事の見方も変わります。かつて自分が自分のことをすごいって勘違いしていたことが、いかに愚かな行為であったかと気づくことができます。

MVP Global Summit(以下「グロサミ」)に参加できなくなりましたが、実質のところ、だんだんその質が落ちてる気がするので、別にいいっかーみたいな感じです。おそらく予算の削減によるものでしょう。

グロサミに参加できなくても、遊びに来てもいいよと受け入れてくれるアメリカのMVPさんがいます。お互いにMVPじゃなくてもちゃんとつながってるんです。とてもありがたいことです。

前にこのブログに書いたんですけど、最近レベルの低い人たちで消耗するのは微妙だから、そのSNSに書き込むのを差し控えているという件、それってもしかしたら、過去の自分にそっくりだからなのかもしれません。 

そう考えると、いかに過去の自分がうざい奴だったか思い知らされます。

いろんなつらい試練や失敗、そして苦労は、自分を成長させるためにあるのかもしれないです。

私はとにかくどんなことがあってもめげないと自分に言い聞かせています。

しかし、思い詰めてつらい場合は、「まあ、なんとかなるよ」と言い聞かせるようにしています。 

まあ、つらいことがたくさんあるのが普通なんでしょう。そうでなきゃ、楽しいことやうれしいことが起きた時のありがたみを感じなくなっちゃいますから。